SWITCH

好きなスポーツや日々の出来事を「日本のスイッチ」的な形で、一人勝手にアンケートしてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Road to Istanbul

UEFAチャンピオンズリーグ04/05のファイナルは
リヴァプールvsミランになりました。

マクドナルドのCFを見ていて、青のユニフォームのチームと
赤と黒の縦縞のユニフォームのチームが出てくるから
ファイナルの組み合わせは、チェルシーvsミランだと暗示してるのかと
思っていたんですけど(笑)

●リヴァプールvsチェルシー
1st legはスコアレスドロー。
2nd legでホームになるリヴァプールが有利という人もいれば、
数日前にプレミアシップを50年ぶりに制したチェルシーの勢いは
止められないだろうという人もいるし。
自分も、今のチェルシーは世界でもかなりの強さを誇るチームだと
思っていたので、チェルシー有利だと思っていました。
結果は、ルイス・ガルシアの値千金のギリギリゴールを守りきった
リヴァプールの勝利。
チェルシーではランパード、リヴァプールではジェラードの活躍が
あまり見られなかったことが、ちょっと見ていて消化不良気味のゲームでした。
終了後に、キャプテンのジョン・テリーはじめチェルシーのプレイヤー数人が
悔し泣きしてる姿が印象的でした。

●PSVvsミラン
1st legは2-0でミランの勝利。
ホームに戻るPSVが地の利を活かしてどこまで挽回できるか。
1st legでミランの強さが際だっていたので、これはミランの勝利間違いないと
思っていたんですけれど、そんな簡単じゃなかったですね(苦笑)
1st legでも頑張っていたパク・チソン君、今回も目立っていました。
先制点はそのパク・チソンのゴールでした。
本当にパープルサンガにいたころとは別人のような
すごいプレイヤーに成長してますね。
後半に、コクーのゴールも決まり、これでトータルスコア2-2になり、
ホームのPSVがかなり有利な雰囲気になっていました。
しかし、90分を経過してロスタイムに入った直後に、またしてもカカのアシストから
ミランのアンブロジーニが決勝進出を決めるシュートを決めました。
セミファイナルの2戦でミランが決めた3点は
すべてカカが絡んでいるというところがすごいです。
これで終わるのかと思いきや、またしてもコクーがロスタイム2分に
強烈なボレーシュートを決めてスコアは3-1に。
トータルスコアは3-3のドローなのですが、
アウェイゴールを決めているミランの勝利となったわけです。

平日の明け方に2日続けてライヴで観戦できたのは、
ゴールデンウィークのおかげです。
FINALは5/25にイスタンブールの地で。
スポンサーサイト
  1. 2005/05/05(木) 14:00:53|
  2. diary
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<live image | ホーム | ペンギンと暮らす?>>

コメント

飛んでイスタンブール

チャンピオンズリーグは一筋縄ではいかないよね。
京都時代のパクには我がベガルタずいぶん苦しめられた記憶があります。

みちのくダービー第一戦は山形に勝利を持って行かれました。スゲー悔しいです。
  1. 2005/05/05(木) 14:11:42 |
  2. URL |
  3. delphinium #-
  4. [ 編集 ]

苦戦してるみたいだね

監督としての都並さんの采配はどんなもんですか?
ホームで負けが多いっていうのが気になるところですが。
  1. 2005/05/06(金) 10:52:21 |
  2. URL |
  3. kacchi #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kacchi.blog4.fc2.com/tb.php/105-4cb54700
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。